“諸翼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もろつばさ50.0%
もろは50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いたが、びはしない、で、ばさりと諸翼つとしく、俯向けにばして、あのが、くやや、小船がすら/\ときはじめて、もなくいでる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鼻のいのが、……段の上からと、廊下からと、二ヶ処の電燈のせいか、その怪しい影を、やっぱり諸翼のごとく、両方の壁に映しながら、ふらりと来て、朦朧と映ったが、近づくと
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)