“落:おとさ” の例文
“落:おとさ”を含む作品の著者(上位)作品数
黒岩涙香1
“落:おとさ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
既に曲者が書たとすれば藻西太郎が自分で自分の名を書附ける筈は無いから」生田はあたか伯楽はくらくの見おとされたる千里の馬の如く呆れて其顔を長くしつ「是は驚た、あゝ美術心が有ても駄目だ、余り旨く遣過やりすぎても無益の事だ、貴方はだあの老人が左得手ひだりえて
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)