“落:こぼ” の例文
“落:こぼ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“落:こぼ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やいお瀧、てめえ四万に居やアがった時に何と云った、瀧川左京と云う旗下のむすめでございますが、兄にだまされてと涙をこぼしたをに受けて、わしは五十円と云う金を出し、汝を身請して橋場の別荘へ連れてッて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)