“秀枝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほづえ66.7%
ホツエ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“秀枝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何の木か秀枝ほづえしづもる夜目にしてしろくはさらと落つるその花
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
何の木か秀枝ほづえしづもる夜目にしてしろくはさらと落つるその花
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
下枝シヅエらは人みな取り、秀枝ホツエは鳥枯し みつぐりの 中つ枝の 含隠フゴモり アカれる処女ヲトメ
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)