“秀真”のいろいろな読み方と例文
旧字:秀眞
読み方割合
ほつま71.4%
ほずま14.3%
ほづま14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昼餉を食うて出よとすると偶然秀真が来たから、これをもそそのかして、車を並べて出た。自分はわざと二人乗の車にひとり横に乗った。
車上の春光 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
あの瓦の形を近頃秀真と云う美術学校の人が鋳物にして茶托にこしらえた。そいつが出来損なったのを僕が貰うてあるから見せようとて見せてくれた。
根岸庵を訪う記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)