“棲息地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいそくち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“棲息地”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この沿岸は、ラッコの棲息地せいそくちとして名高いし、また洋上には、オットセイが、おびただしく群游ぐんゆうする。
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
石器時代竪穴現存の例、北海道のみに多くして、他地方に於ては更に見聞けんもんきも、必竟ひつけう、北海道の地は比較的近き頃迄石器時代人民の棲息地せいそくちなりしと、開拓かいたく未だ行き渡り居らさるとに由る事大ならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)