“挽入”の読み方と例文
読み方割合
ひきい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行き行きて車はこの小路の尽頭を北に折れ、広きでしを、に走りて又西にり、その南側の半程箕輪したる軒燈を掲げて、剡竹を飾れる門構の内に挽入れたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)