“三鷹”の読み方と例文
読み方割合
みたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京の三鷹の住居を爆弾でこわされたので、妻の里の甲府へ、一家は移住した。甲府の妻の実家には、妻の妹がひとりで住んでいたのである。
薄明 (新字新仮名) / 太宰治(著)
御遺言にまかせて、お骨は土山の常明寺の祖父のお墓の傍に納めました。年が立って兄も亡くなられ、向島の墓も都合で三鷹へ移されました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
それが三鷹の駅の近くにある連雀という村だったということが、古い書物には書いてある。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)