“三鷹村”の読み方と例文
読み方割合
みたかむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三鷹村の方から千歳村をて世田ヶ谷の方に流るゝ大田圃の一の小さなが、入江の如く彼が家の下を東から西へ入り込んで居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
やっと三鷹村の源林寺とまり、それまでに亡くなったお父様、お兄さん、お兄様のお骨を移しましたが、昔の小さな標がまだ源林寺の墓地の隅にあります。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
東京の三鷹村に、建築最中の小さい家を見つけることができて、それの完成ししだい、一か月二十四円で貸してもらえるように、家主と契約の証書交して、そろそろ移転の仕度をはじめた。