“三野村”の読み方と例文
読み方割合
みのむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あんたはんお園はんには三野村さんという夫婦約束までした深い人がおしたがな。三野村さんが今まで生きとったら、もうとうに一緒になってはる」
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
招く方は、三井組、小野組、渋沢、三野村などの第一国立銀行の創立者で、招待されるお客側は、大蔵その他の参議、大丞大輔権頭、いわゆる朝野の貴顕紳商である。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこに湯川氏の数算と長年の蘊蓄が役に立って石川の家運はあがった。その頃の湯川氏の知己の名は自毛村であるとか、三野村だとか錚々たる大実業家となった人たちである。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)