“愛鷹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしたか88.2%
あいよう5.9%
はしたか5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富士、愛鷹、箱根連山など。——総じて、この半島伊豆の地上では、そうした風土や自然が、人間の容姿や気風にまでよくっていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そのお苦しみを慰めようと枯野に狩りを催せば愛鷹はお手からがれ去る……若殿の切ないお心のうち申す言葉もございません」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
老人のその眼に小さき愛鷹と見え来む我か山は飛び越ゆ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)