“紫檀製”の読み方と例文
読み方割合
したんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真夜中頃に、枕頭違棚えてある、四角の紫檀製まれた十八世紀の置時計が、チーンと銀椀象牙で打つような音を立てて鳴った。
京に着ける夕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)