“したん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紫檀92.7%
指端3.1%
試胆2.1%
枝端1.0%
弛担1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寒い時分で、私は仕事机の紫檀長火鉢を置いていたが、彼女はその向側行儀よく坐って、両手の指を火鉢のへかけている。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
指端を弄して低き音ののごときを引くことしばし、突然中止して船端より下りた。自分はいきなり
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
江戸時代や明治時代の少年たちは、『試胆会』という、きもだめしの会を、よくやったものです。まっ暗な夜、さびしい墓地などを、ひとりで歩いて、勇気をためすのです。
夜光人間 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
枝端に一花ずつ開き、直径はおよそ一二センチメートル内外もあろう。花下に五緑萼があるが、の時にはく閉じている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
五月、枝端に大なる花を開き、花径およそ二〇センチメートルばかりもある。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)