“堺屋”の読み方と例文
読み方割合
さかいや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すにゃらないから、有様にいってな、次第ったら、堺屋は、このままおにはせずに、ってもらうことにする」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
……番代りの晦日伝馬町堺屋へ検死に行ったのはどいつだ。……嘉兵衛と鶴吉を虎列剌判定てうっそり帰って来たのは、いってえどいつだ。言え、この中にいるだろう
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
は今だに取ってあるだろうノ、妹の縁家堺屋と云う薬店出入の菅野伊之助と云う一中節の師匠との若が不義をいたし、斯様なことが世間へ聞えてはならぬと云うので、大金を出して手を切った