“夙慧”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅくけい50.0%
しゆくけい25.0%
ませ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夙慧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
玄庵は父玄亭に似て夙慧しゅくけいであったが、嘉永三、四年の頃癲癇てんかんを病んで、低能の人と化していた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
森の家を嗣いでから祖母を迎えましたが、最初に出来た長子が夭折ようせつし、次に生れた長女はひ弱くて心細かったのでしょう、その頃石見国美濃郡いわみのくにみのごおりに高橋魯庵ろあんという人があって、その子の順吉というのが夙慧しゅくけいとして聞えていましたので、貰受もらいうけて養子にしました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
一斎はこれに反して露姫の夙慧しゆくけいを「有物憑焉」となした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
級長は卓子テーブルの前に進んだ。校長も、文平も、きつと鋭い眸をこの生徒の顔面おもてに注いだ。省吾なぞから見ると、ずつと夙慧ませた少年で、言ふことは了然はつきり好く解る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)