“緒數”の読み方と例文
読み方割合
ちよすう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さめ而して後に前段の落着の場を見たまはゞ宛然越前守を目前にみるが如きの思ひある可し然れども編者がき上緒數毎回りあれば其情充分す事し恐らくはて牛を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)