“緒琴”の読み方と例文
読み方割合
をごと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ彈きも見ぬ緒琴は深淵の底に沈んでゐる。折々は波の手にうごかされてかな響の傳り來ることがある。
新しき声 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
奇しきもの指につたへて胸に入る神も聞きませ七つの緒琴
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
百濟緒琴に、に、彩畫
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)