“其時分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そのじぶん88.9%
そのころ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其時分にもらないでたけれども、母様二人ぐらしは、この橋銭つてつたので、一人前幾于宛つてしました。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
カピ妻 さいの、其時分には鼠捕りであったさうな。したが、わたしが不寢をするゆゑ、其樣をばらすことぢゃない。
今日はまだおいひでないが、かういふつてしいなぞは、其時分のことをいつでもいつておかせだ。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)