“無名指”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くすりゆび71.4%
むめいし14.3%
べにさし14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是れだけった奴があって、不憫にはあったが、何うも許し難いからは中指を切ろうと思ったが、それも不憫だから無名指を切った
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
貴婦人はその無名指より繍眼児押競片截にせる黄金の指環を抜取りて、懐紙に包みたるを
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
見え隠れにあとをけて、その金竜山の奥山で、滝さん餞別をしようと言って、お兼が無名指からすっと抜いて、滝太郎に与えたのが今も身を離さず、勇美子が顔を赤らめてまで迫ったのを
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)