“籠舁”の読み方と例文
読み方割合
かごかき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武士は声をかけられて初めてに返った。そこには一山籠を据えて籠舁が休んでいた。武士は一刻も早く鬼魅悪い場所を離れたかった。
山寺の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
言わないことか、六尺と陸尺との混線だ、すなわちこれは、このごろ江戸の市中に溢れていた諸国諸大名の陸尺、即ち籠舁の人足の転向だ。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのマホー(スペインの伊達者)をめかしやと言い、そのトランステヴェレノ(ローマのチベル彼岸の民)を郭外人と言い、そのハンマル(インドの籠舁)を市場人足と言い