“織田殿”の読み方と例文
読み方割合
おだどの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『人の若衆を盗むよりしては首を取らりょと覚悟した』と、大声に歌をうたいながら、織田殿の身内にと聞えた柴田の軍勢をけました。
おしの (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)