“織田信秀”の読み方と例文
読み方割合
おだのぶひで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
領主の織田信秀と、隣国の今川義元とは、両立しない二つの勢力だった。国境方面では、絶えずどこかで小競り合いがあった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
建武の年の新田足利の合戦をはじめ、岡崎の要害として、ここはいくたびか古戦場となって来たし、今も——つい数年前には、織田信秀と、松平家の軍とが、大戦の血をながし
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
織田信秀や、三河の松平や、駿府の今川家などの、勃興勢力のなかに挟まれて、ぽつねんと、島のような存在でありながら、そのどれからも併呑をまぬがれて、蜂須賀党が蜂須賀党として
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)