“織田信澄”の読み方と例文
読み方割合
おだのぶずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
柴田、滝川は遠隔にあり、徳川は自国へ退き、細川、筒井の向背は知れず、丹羽は大坂表にあって織田信澄を始末したという風聞のみで、これもそれ以上に出ていない。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とりわけ、大坂城にあった織田信澄は、光秀の女婿でもあるし、その父の織田信行は、かつて信長の成敗をうけている。一族とはいえ、父を信長に殺されているその子の信澄である。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)