“織田有楽”の読み方と例文
読み方割合
おだうらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
利休およびその流れをくんだ有名な織田有楽古田織部光悦小堀遠州片桐石州らは新たな配合を作ろうとして互いに相競った。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)