“織田有楽斎”の読み方と例文
読み方割合
おだうらくさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
有楽町は織田有楽斎の屋敷跡、いまの有楽町駅あたりに、南町奉行所があったことだろう。このへんに、遠山の金さんもおり、大岡越前守も姿を見せたにちがいない。
江戸の昔を偲ぶ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)