“織田大隅守”の読み方と例文
読み方割合
おだおおすみのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹羽、丸毛、不破などの兵で埋まり、唐崎の附城には、織田大隅守——そして叡山の裏——京都に向っている方の麓口には、足利義昭、その他、在京の兵が八瀬、小原をめぐって
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すぎ、日野参議から、ひそかに城外へ使いを出した。つづいて、信長方から、京都奉行の村井民部が来、夕方ちかくなって、公式に信長の使者として、織田大隅守信広が見えた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)