“見当違”のいろいろな読み方と例文
旧字:見當違
読み方(ふりがな)割合
けんとうちが66.7%
けんとうちがい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見当違”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もっともここに見当違けんとうちがいの批評と云うのは、美をあらわした作物を見て、ここには真がないと否定する意味ではない。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一本で夫程それほど長く使えるものが日に百本も出ると云えば万年筆を需用する人の範囲は非常な勢をもって広がりつつあると見ても満更まんざら見当違けんとうちがいの観察とも云われない様である。
余と万年筆 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
実業家などがむずかしい相談をするのにかえって見当違けんとうちがいの待合などで落合って要領を得ているのも、全く酒色という人間の窮屈をかし合う機械のそなわった場所で、その影響の下に、かどの取れた同情のある人間らしい心持で相互に所置ができるからだろうと思います。
道楽と職業 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)