“分別者”の読み方と例文
読み方割合
ふんべつもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大門の会所をあずかっている三浦屋四郎兵衛は分別者であった。彼はおくればせに駈け付けて来て、すぐにこの持て余した狼藉者を召捕る法を考え付いた。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と言つて來たのは、四十前後の分別者らしい女と、十七か八の、眼のさめるやうな娘でした。
分別者のようでも、やはり官兵衛は三十になったばかりの男だった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)