“分別臭”の読み方と例文
読み方割合
ふんべつくさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やや分別臭いのまでが、何しろ天下の豪傑だから、このくらいのことは無理もありますまい——と痩我慢をする。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
だが、その外貌に、それと肯く分別臭さはあっても、そ彼女の肉体の上には、どこにもそのように多い数字に相応わしいところが見当らなかったのだった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
分別臭い顔をして、そこらを見廻した。仲裁のようでもある。で、これをしてしまえばよかったのだが、頭から喬之助を見くびり、あくまでんでかかっている近江之介である。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)