“雪意”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆきもよひ50.0%
せつい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我国の雪意暖国しからず。およそ九月のより霜をて寒気次第く、九月の末に殺風侵入冬枯諸木し、天色として日のざる事連日是雪の也。
○ 雪意
慶応二年の春とは名だけ、細い雨脚が針と光って今にも白く固まろうとする朝寒、雪意しきりに催せば暁天まさにしとでも言いたいたたずまい、正月事納の日というから二月の八日であった。