“至願”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しがん50.0%
しぐわん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
コレ実に迂老至願なりとす。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
今や時勢一して舊規墨守す可らず、宜しく政を王室に還し、以て萬國竝立基礎を建つべし。其れ則ち當今の急務にして、而て容堂の至願なり。下のなる、必之をするあらんと。