“すさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スサ
語句割合
43.6%
33.3%
退18.3%
1.0%
朱砂0.4%
退去0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
光凄0.2%
切藁0.2%
寸莎0.2%
0.2%
素去0.2%
膝行0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
須佐0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
樹下石上の人だった。それゆえに、いくら想いを懸けたところで、届きい心地がして、同時に、自分のびかけた境涯も顧みられ
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちょうど真下に当る瀬の音がにわかにその切れ目から押し寄せて来るのだ。その音はまじい。気持にはある混乱が起こって来る。
闇の絵巻 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
蚊帳をうこの姿が透いたら、気絶しないでは済むまいと、思わずよろよろと退って、くるまるく、はらりといて廊下へ出た。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
蚊いぶし火鉢に火を取分けて三尺の椽に持出し、拾ひ集めの杉の葉をせてふうふうと吹立れば、ふすふすとたちのぼりて軒場にのがれる蚊の声まじし
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
朱砂ながらさびし山家の壁のいろ薄日蒸したり母の関町
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
お登和嬢はしり込して身を退去る。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
まじき
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
いや、一片の風流子の心事と、法月弦之丞の心に波うつものとは、なるてがある筈だ。したがって、同じ竹枝びにしても、その訴えるところは、や僧院の普化たちとは必然なちがいをもつ。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これだけでは不安心だが、アバラケは亭を阿婆良也むごとく荒れんだ義で毛なしと近く、ほとんど相通ずる意味の詞であろう。
予が阿婆良気はアバラヤ(亭)同様んだ義で毛無と近くほとんど相通じたらしく、かくて不毛をアバラケ、それよりカワラケと転じ呼んだだろうと述べたはこの二島の名を混合した誤解で
に手をかけて抱起すと、ないかな下にあったのはを切る押切と云うもの、是は畳屋さんの庖丁を仰向にした様な実にく切れるものでございますが、此の上へお園の乗った事を知らずに
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ともがいているうちに、お園がウーンと身をわして苦しみ、パッと息が止ったからりして新五郎が見ると、今はどっぷり日が暮れた時で、定かには分りませんが、側にあるが真赤に血だらけ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ただとしたる品格ありて眼の光凄まじく、頬の肉落ち細りて薄衣の上より肩の骨の、いたいたしげに顕われたるは世に在る人とは思われず。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……これは帝国の前途に横たわる一大障壁であります。今日の如く上塗りの思想が横行し、糊塗縦横の政治が永続しているならば、吾々日本民族の団結は、あの切藁
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
此方は猿子橋のに汚い足代を掛けて、が掛っていて、籾倉の塗直し、其の下に粘土が有って、一方には寸莎が切ってあり、職人も大勢這入って居るが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そして軽い気持で、昨日から運びこんだまゝになつてゐる植木を植ゑるために、とシャベルを裏の物置から引張りだして来た。木でも植ゑたらんだ庭が、少しは生気づくだらうと思はれた。
花が咲く (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「臭いっ、男臭いっ。あっちへ素去れ!」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と長助が小刀をすらりと引抜いた時に、驚いて丹治が前へ膝行り出まして
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「昔……昔、浦島は、小児えし亀を見て、あわれと思い買い取りて、……」と、むともなく口にしたのは、別荘のあたりの夕間暮れに、村の小児等の唱うのを聞き覚えが
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
摺竹の振り面白い江戸のびであった。
間がながな逢引などをして居たさうですよ
味鴨の住む須佐の入江ののあな息衝かし見ずにして」(巻十四・三五四七)の用例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)