“すさま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.4%
1.5%
凄然0.5%
0.5%
物凄0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かうしてゐる中にも、時はつて行つた。ある夜はじい風雨がやつて来た。本堂ばかりではない、自分の居間にも雨がつた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
翌日晴間く、箱根のあなたに、砂道横切りて、用水のちよろ/\とあり。嵩増れたるを、平家落人じきりけるなり。りてづく、夜雨
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それより情死の事由をね、更に一転してその苦痛と応報とをぶ。「あやなき闇に凄然じや、閻羅と見ゆる夏木立」。
窓越しに仰ぐ青空は恐ろしいまでに澄み切って、無数の星を露出している。嵐は樹にえ、窓に鳴ってじく荒れ狂うている。世界は自然力の跳梁に任せて人の子一人声を挙げない。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
武士の子というはあったにしても、幾日も幾月もの間、小さい余吾之介は、その物凄じい幻に悩まされて、内証でえていたことを思い出したのです。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
寒さのとつつきのこの空虚な座敷の中は唯お互の心を一層しくさせるばかりだつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)