“樹下石上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅかせきじょう50.0%
じゅげせきじょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予言者と称した「神生教壇」の宮崎虎之助氏夫人光子は、上野公園の樹下石上を講壇として、路傍の群集に説教し、死に至るまで道のために尽し、諸国を伝道し廻り
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
樹下石上の人だった。それゆえに、いくら想いを懸けたところで、届きい心地がして、同時に、自分のびかけた境涯も顧みられ
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)