“奏鳴曲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ソナタ62.5%
ソナータ37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奏鳴曲”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽60.0%
文学 > フランス文学 > 小説 物語17.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
奏鳴曲ソナタよ、何を望むのか。」——しかし奏鳴曲はただ奏鳴曲たること以外には、まったく何も望んではいなかった。
私にベートーヴェンの奏鳴曲ソナタを説明してくれましたが、その中に子供らしい奇体な物語があるのだと見ています。
——しかしそれに何のふしぎがあろう? ベートーヴェンが『一英雄の死のための哀悼行進曲』(奏鳴曲ソナータ、作品第二十六)を作ったとき
テレーゼ自身へは作品第七十八の夢幻的で不思議な感じのする奏鳴曲ソナータ(一八〇九年)をささげた。