ベートーヴェンの生涯ベートーヴェンのしょうがい02 ベートーヴェンの生涯02 ベートーヴェンのしょうがい
すでに今から二十五年ほど前、私がこの小さな『ベートーヴェンの生涯』を書いたあの頃、私は音楽学(ミュジコロジー)的な著作をしようとしたのではなかった。それは一九〇二年であった。破壊し更新する幾多の嵐に富む、紆余曲折の一時期を私はくぐり抜けつつ …
作品に特徴的な語句
さきわ ハウス ボンテ 憂鬱メランコリー 幼児バンビーノ 心情ゲミュート アベ すべ 精神エスプリ 魔神デーモン かた 何人なにびと 微笑わら 性根しょうこん 悲劇トラゲーディエ のど 歓喜フロイデ はにか 医師ドクトル 女性ひと 様式スチール 水腫むくみ 細部デテイル 自由フライハイト 伴侶とも 学問シアンス テムペスト 民謡リート きらめ つか あるじ 今日きょう つく とりこ 序曲ウヴェルチューレ 律動リトム のち 急調アレグロ 悩みライデン 旋律メロディー はた ごう しま かげ ただ 選良エリート つら おとがい しか 一所いっしょ 不羈ふき 主題テーマ 今日こんにち 低音バス えら そば 傷手いたで 判然はっきり つよ 危懼きく 可笑おか 和音アコード 場面シーン 士爵シュヴァリエ さび 審判さばき 対照コントラスト 工面くめん 希望のぞみ 年下としした 廉直れんちょく 弥撒ミサ あと 従妹いとこ 微風そよかぜ 意想イデー 憐愍れんびん 所有もの たた 木魂こだま つか はて 果敢はか 歌劇オペラ 洒落しゃれ みなぎ 理由わけ 生命いのち 終曲フィナーレ 背後うしろ 胡桃くるみ 自家うち
題名が同じ作品
ベートーヴェンの生涯:01 凡例 (新字新仮名)片山敏彦 (著)