“急調”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうちょう40.0%
アレグロ40.0%
きふてう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竪琴が急調をふくんで鳴りひびいた。ツルガ博士の手が、竪琴の糸の上を嵐のようにはしっているのだ。
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ベートーヴェンの運命交響楽、『忍びよる運命の跫音』といった工合に、鼓動のチンパニが重苦しいリズムに乗って、急調から急速調に、弱音から最強音へと発展する。
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
それに追ふものの足音が少しも遠ざからない。瀬田は自分の足の早いのに満足して、追ふものの足音の同じやうに近く聞えるのを不審に思つてゐる。足音は急調を打つ様に聞える。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)