“きふてう”の漢字の書き方と例文
語句割合
急調100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに追ふものの足音が少しも遠ざからない。瀬田は自分の足の早いのに満足して、追ふものの足音の同じやうに近く聞えるのを不審に思つてゐる。足音は急調を打つ様に聞える。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)