“熱情奏鳴曲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アパッショナータ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“熱情奏鳴曲”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽30.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二 英雄的精神の時期(『エロイカ』から『熱情奏鳴曲アパッショナータ』まで。一八〇一年—一八〇六年)
日付のない、そして「不滅の恋人に宛てて」書かれた一通の手紙(32)は、『熱情奏鳴曲アパッショナータ』に劣らず彼の恋ごころの烈しさを示している。