“煙管筒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きせるづつ87.5%
きせるづゝ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いやまた、こう辟易して、棹を畳んで、懐中い込んで、煙管筒を忘れた、という顔で帰る処もおもしろい感じがするで。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
例えば煙管筒のような品は、東京出来を誇っていましたが、もう流行おくれになりました。中で手拭とか中型の染物の如きは、おそらく今も東京が中心でありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
煙管筒合口を仕込んだのを持って居ます。今新助が車に乗る様子を見ていると、表までどろ/\送り出し
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
両方の手で分けて見たりかするのは可笑しゅうございますが、其の頃は散髪に成っても洋服を召しても、未だ懐中には煙管筒の様にして、合口の短刀を一本ずつ呑んでったもの
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)