“水煙管”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずぎせる83.3%
みづぎせる16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小指の爪をおそろしく長くのばしてある李鴻章は、赤い房のついている水煙管をくわえながら、花梨卓をついて、女の顔の白さに、眼をほそめてた。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
龍頭瓶だの、の文鎮だの、青貝の戸棚だの、大理石の硯屏だの、剥製の雉だの、恐るべき仇英だのが、雑然とあたりを塞いだ中に、水煙管えた支那服の主人が
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
すると其処にはどう云ふ訳か、あると思つた窓がなくて、緞子の蒲団を敷いた紫檀の椅子に、見慣れない一人の外国人が、真鍮の水煙管へながら、悠々と腰を下してゐた。
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)