“切結”の読み方と例文
読み方割合
きりむす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此方も心得たりと抜き放ち、二、三切結、以前の侍足を踏み滑べらせ路の片側なるへと落ち込む途端を払ひし早業に、一人は脚にてもられ候や
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
三人の眼は朝から晩までお竹を追って、六条の真剣のように、火花を散らして切結んでいたのです。
し汝此地に來りしと渺々尋ねし甲斐祝着なり無念をす時れり覺悟せよとさま替の筒脇差にて切かゝり互ひにらず切結びしが六郎右衞門がつて打込脇差にて竿竹
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)