おぎん
元和か、寛永か、とにかく遠い昔である。 天主のおん教を奉ずるものは、その頃でももう見つかり次第、火炙りや磔に遇わされていた。しかし迫害が烈しいだけに、「万事にかない給うおん主」も、その頃は一層この国の …
作品に特徴的な語句
沙漠さばく 素朴そぼく 元和げんな 井戸端いどばた 処刑しょけい 天蓋てんがい 遺恨いこん 囲炉裡いろり 暗夜やみよ 無性むしょう 三日月みかづき 流人るにん 流浪るろう 獅子吼ししく 剛情ごうじょう 快楽けらく 舶来はくらい 野薔薇のばら 長崎ながさき 地獄じごく 法華ほっけ 寛永かんえい はりつけ ぜん 霊魂アニマ 天下あまくだ 宗徒しゅうと 縄目なわめ 草花くさばな 土埃つちほこり 老若男女ろうにゃくなんにょ 精進しょうじん 墓原はかはら 大阪おおさか 黒人こくじん 軽重けいちょう 正体しょうたい 十字架くるす 悪魔あくま 浄土じょうど 角柱かくばしら 唯我独尊ゆいがどくそん 天主てんしゅ 物々ものもの 火炙ひあぶ 父様とうさま 天国てんごく 弥兵衛やへえ 御側おそば 色身しきしん 母様かあさま 奉教人ほうきょうにん 御威光ごいこう 御言葉みことば 降誕祭クリスマス 飼桶かいおけ 柔軟にゅうなん 一角獣いっかくじゅう 御威勢ごいせい 浦上うらかみ 代官だいかん 刑場けいじょう 天上天下てんじょうてんげ 御柔軟ごにゅうなん 御加護おんかご 御棺ぎょかん 水責みずぜめ