“とおり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.2%
街路9.7%
往来5.3%
通路4.4%
街道1.8%
疎通0.9%
通行路0.9%
通街0.9%
通過0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松さんは本を伏せて「全く狸の言うだよ、昔だって今だって、こっちがしっかりしていりゃ婆化されるなんて事はねえんだからな」
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
音羽の九丁目から山吹町街路を歩いて来ると、夕暮を急ぐ多勢の人の足音、車の響きがかっとなった頭を、その上にもせ上らすように轟々とどよみをあげている。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
言いすてると浪人は主税へ背を向け、夕陽が消えて宵が迫っているのに、なおも人通りの多い往来を、本所の方へ歩いて行った。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今しもお宮は露路口の石段を上って表の通路に出で立ちながら腰帯のみをきゅっと引き締めながら
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
午前九時、前の街道に馬車が来た。今これからそれに乗って、ここを発つのだ。二三日前、遠野へ行く途中、この馬車が猿ヶ石川の断崖にさしかかるところで転覆したそうだ。
旅からのはがき (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
彼は疎通の好くなった烟管をぷっぷっと心持好さそうに吹きながらこういった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
其れに下寺と云つて……今は通行路に成つて居るが、彼所は三十六坊の寺の在つた所、又山王台と云ふ只今西郷さんの銅像の在る所は、山王の社があつて
下谷練塀小路 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
なぞえに前途へ高くなる——突当りが撞木形になって、そこがまた通街なんです。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
した覚えはございません。りましたのは水芸の滝の白糸という者の金で、桐田の通過もしませんっ
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)