“おうらい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
往来98.9%
応頼0.5%
道路0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小さい人はその底の一部分を、黒くなって、寒そうに往来する。自分はその黒く動くもののうちで、もっとも緩漫なる一分子である。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
云はぬが花と実入りのよい大尽客引掛に、旅に出るのもありやうは、亭主の為めと夕暮の、涼風慕ふ夏場をかけ、湯治場近き小田原で、宿場稼ぎの旅芸者、知らぬ土地故応頼
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ぶようなのなかを、ギイとの音がしたりして、道路より高いかと思うような水の上を、金髪娘を乗せたボートがをあげて、水をってゆくのだった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)