“嘴太”の読み方と例文
読み方割合
はしぶと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
艶々と映った時、山鴉嘴太が——二羽、小刻みに縁を走って、片足ずつ駒下駄を、でコトンと壇の上に揃えたが、鴉がなったかも知れない、同時に真黒な羽が消えたのであるから。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
嘴太雨間の鴉しみじみあそび引き裂けば青き流る
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
嘴太の、よ、死烏
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)