“山嘴”の読み方と例文
読み方割合
さんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど庭の左の方の隅は山嘴が張り出していて、その樹木の鬱蒼たる中から一条の水が落ちているのらしく思えた。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
成程庭の左の方の隅は山嘴が張り出してゐて、其の樹木の鬱蒼たる中から一条の水が落ちてゐるのらしく思へた。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
車も一寸逆行して方向を鹽梅しなければ登れぬところも有つて、山嘴突端の逆行は餘り好い心持では無い。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)