“附焼”の読み方と例文
旧字:附燒
読み方割合
つけやき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それも無論鶉には相違なかった。けれどもただ西洋流の油揚にしてあるばかりで、ややともすると前の附焼れやすかった。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それはこの土地の名物です。小鮒の腹を裂いて裏返し、竹の小串に刺して附焼にしたもので、極く小さいのは幾つも並べて横に刺すので、それは横刺ともいいます。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
附焼十箇
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)