“ぞっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゾッ
語句割合
慄然39.0%
悚然34.8%
9.2%
竦然6.4%
3.5%
戦慄2.1%
悚気2.1%
凄然0.7%
慄悚0.7%
慄気0.7%
戦悚0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがては肉も骨も溶け去ってしまうだろうと——まったく聴いてさえも慄然とするような、ある悪疫のれを抱くようになってしまった。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それでも若旦那が血だらけになって楽屋へかつぎ込まれた時には、わたしも総身に冷水を浴びせられたように悚然とした。
半七捕物帳:03 勘平の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私はと悪寒を感じるのだ、私に忍術の心得があったら、こんな場合、ドロンといって消滅してしまうところなのだが、松之助でないから駄目だ。
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
多くの者がチチコフの立場にいたく同情して、そのような多人数の農奴を移住させる苦労に竦然とした。
腕車れたのも、車夫に間違えられたのも、来ようのない、芳原近くへ来る約束になっていたのかも知れないと、くだらないことだが、としたんだね。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
隣家といっても、実は壁一重の事だから、人の談話声がよく聞えるので、私は黙って耳をすまして聴いてると、思わず戦慄とした、隣の主人が急病で死んだとの事だ、隣家の事でもあるから
闥の響 (新字新仮名) / 北村四海(著)
嘉吉とかを聞くにつけても、よく気が違わずに済んだ事、とお話中に悚気としたよ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「このじいさんは、さらいかもしれない。」と、その子供じことをいいました。これをくと三からをかけられたように凄然としてしました。
空色の着物をきた子供 (新字新仮名) / 小川未明(著)
慄悚とした、玉露を飲んで、中気めさせられた。そのな心持。めたといううちにも、エイと掛声で、上框に腰を落して、直してあった下駄を突っかける時
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
汗が冷く、慄気と寒い。息が発奮んで、身内が震う処から、取ったのを放してくれない指の先へ、ぱっと火がついたように、ト胸へ来たのは、やあ!こうやって生血を吸い取る……
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さった樹々の葉に、さらさらと渡って、から、袂から冷々に染み入る夜の風は、以心伝心二人の囁を伝えて、お雪は思わず戦悚とした。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)