“しょうぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悄然75.2%
悚然8.1%
鏘然7.1%
竦然4.8%
蕭然2.9%
慴然0.5%
瀟然0.5%
牀前0.5%
生前0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠くで稲妻のする空の下を、修理の屋敷へ帰りながら、宇左衛門は悄然と腕を組んで、こんな事を何度となく胸の中で繰り返えした。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ところがその刑罰の有様が如何にも真にって、る者をして悚然たらしめたので、その後ち禁を犯す者が跡を絶つに至ったということである。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
と、鏘然たる大刀の音がしたが、見れば二本の白刃が、を織っている日光の中に、鍔迫り合いをなしていた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
駆けて行って見れば、扉は倒れ雨と風の中に山田春雄が竦然として立っていた。折も折、稲光りがぴかぴか光ってそれは幽霊のようにおののいて見えた。
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
天地蒼茫として暮れんとする夏の山路に、蕭然として白く咲いているこの花をみた時に、わたしは云い知れない寂しさをおぼえた。(大正3・8)
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
総監は局長と慴然と眼を見合わせていたが、真名古の方に向き直ると
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
賭場モンテカルロですっからかんになると、突然日本に郷愁を感じたものか、再びもとの懐しい紡縷うて、孤影瀟然として帰来したのである。
放浪作家の冒険 (新字新仮名) / 西尾正(著)
仏在世、一種姓竜肉を食い、諸比丘またこれを食うあり、竜女仏の牀前に到りて泣く、因って仏竜の血骨筋髄一切食うを禁じ、身外皮膚病あらば竜の骨灰を塗るをすとあるも、この蜥蜴であろう。
それは勝三郎の生前に、勝久らが百方調停したにもかかわらず、されずにしまった高足弟子勝四郎の勘気である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)